welfare trade foods

「おいしいね」と言って過ごす時間に、福祉施設で作られている食品がもつ丁寧で誠実なエネルギーが流れる。

そんな体験を<welfare trade foods>という名前に乗せてご提案します。

2013.9開催「ウェルごはんの会」にて catering/DAIDOCO photo/Toru Takahashi(tumuzi graphica)
2013.9開催「ウェルごはんの会」にて catering/DAIDOCO photo/Toru Takahashi(tumuzi graphica)

 

 

welfare trade foodsとは?

 

福祉施設では、クッキーやパン、野菜や麺類といった実に様々な食品を製造しています。

koroでは、その食品たちのことを「welfare trade foods」と名付けました。

商品となった食品を「食材」として流通させ、その食品のあらたな可能性を探り、また、背景にある福祉施設のものづくりのよさを伝えることを目的としています。

 

 

welfare trade foodsの楽しみ方

 

・一般の方向け

◎ウェルごはんの会

welfare(福祉)+ごはん=ウェルごはん 

welfare trade foodsを使って作られたお料理を思いっきり楽しむ会です。

koroの企画で不定期開催。

 

◎提携店舗

happy green cafe/新潟県立植物園内

 

 

・業者さん向け

◎食材としての卸販売

koroがセレクトした食品を食材としてご提案します。

カフェのメーニューの一部などに採用していただけると嬉しいです。